推薦コース」カテゴリーアーカイブ

我が家は家族旅行を毎年1回は行くようにしてます

我が家は家族旅行を毎年1回は行くようにしてます

そして、その旅行は移動手段としてマイカーを使うことが非常に多くなっています。

これにはいくつかの理由があります。

子供が幼稚園くらいの時はそうでもなかったのですが、小学区に入るコロンはとにかく習い事が忙しくなり、そうでなくとも私と家内の仕事の休みがなかなか合わなかったりすることで急きょ、家族旅行に行ける日程が決まることが多くなっていました。

もちろん、行き先を決めて、宿泊先が確保で来ることが大前提ですが。

また幸いなことに私も家内も長距離運転が苦痛になることもなく、交通費も間違いなくガソリンと高速道路代のほうが安いので愛車での旅行が常になっていました。

ですから、長距離移動でも子供たちが嫌がらないように大型のクロカンを購入しましたし、後部にはドリンクをはじめ、旅行に必要なものが積み込めるようにしていました。

さて、そんな我が家の旅行プランですが過去の印象的なものをご紹介したいと思います。

まず最初に関西から2泊3日で小豆島に渡った時のことです。

たまたま、2泊3日で旅行できる休みが家族で会ったため、急きょプランしました。

兵庫県からの移動なのでカーフェリーを使えば本当に簡単に移動可能です。

子供たちもカーフェリーという初めての体験で非常に喜んでいました。

そして、何より小豆島をマイカーでドライブすることが本当にお気楽な観光、そして好きなところに簡単にいけることもあって楽しかったですさすがに夜の移動に関してはあまりにも街灯が少なくて驚きましたが。

海沿いをドライブしていると本当に沖縄にでも来たような感覚になってしまいました。

そして、次にご紹介したいのが伊勢への旅行です。

毎年お伊勢さんにお参りに行くわけですが、早朝、それどころか真っ暗な間に兵庫県を出発して、マイカーで子供たちが寝ている間にお伊勢さんの内宮に到着、下宮もお参りの上、おかげ横丁で食事とお土産を楽しんで最終的には帰路の温泉でも浸かって帰ってくるというパターンです。

これは本当にお決まりながらもあのスピリチュアルな空間は毎年いけないと気が済まないというのが我が家の雰囲気になっていて子供たちもその素晴らしさを理解しています。

もちろん、おかげ横丁での食事、そして帰りに車の中で赤福餅やういろうをほうばりながらコミュニケーションをとる楽しさも最高の喜びではありますが。

そして、さすがに毎年はいけませんが東京への旅行にマイカーで行くことも大きな楽しみです。

もともと、東京に住んでいたこともあり、知り合いもいますので移動手段さえ確保できれば、宿泊先は何とかなります。

コスト面を考えても非常にありがたいことです。

特に東京に行くとなれば、ディズニーランドはもちろん、銀座やお台場での買い物も定番なのでどうしてもコスト面でかなり厳しいところがあります。

それだけにこうしたマイカーでの移動手段を活用できるのは間違いなうプラスになります。

もちろん、移動に際しては私と家内が交代で運転しますが、楽しみの一つとしてインターチェンジでの休憩時の食事やデザートというところも見逃せません。

とにかく渋滞がいやなのでうまく時間調整しながら移動するのが東京と大阪間の移動のポイントになっています。

以上いくつか我が家がマイカーで旅行を行うというシーンで印象的なもの、皆様にご紹介したい例をあげてきました。

いずれも非常に灌漑深いものであります。そして、こうしたライフスタイルにあわせた愛車を購入してきました。

次に買い替える際もこうした楽しみが出るようなマイカー選びをしっかりしたいと思います。

子供たちが大きくなってもこのスタイルであれば、いっしょに移動できるのではないかと考えている次第です。

神奈川でドライブするなら三浦半島ドライブもあり

湘南あたりはいつも渋滞している神奈川県にお住まいの方に向けてという、かなり限定された内容にはなりますが、私が実践している楽しいと思えるドライブをいくつか紹介します。

非常に個人的な好き嫌いが混じったものになるので、合わない人には合わないドライブだとは思いますが、ご容赦の程を。

まず、神奈川の都会に行くという選択肢を私は外します。

横浜や川崎といった大都市もありますが、そこには電車で行ってもいいと思いますし、車で行っても個人的には楽しめない場所です。
なぜかというと、基本的に混雑する場所だからです。

平日であっても人が集まる場所ですし、休日になれば尚更人が増え、道も混みます。

渋滞というものが苦手な私にとってこれは致命的であり、避けてしまう大きな理由となっています。

夜中や朝方であればまた違ってきて、横浜や川崎をドライブするというのも楽しいんですが、昼間となると電車や徒歩を使った方が楽しめる気がしてなりません。

神奈川には雄大な山もあれば、広い海もあります。これらを見に行かない手はありません。今回は海方面の紹介をしたいと思います。

国道134号線で湘南ドライブというのは王道ですし、景色も素晴らしいんですが、渋滞の悩みが常につきまといます。

特に問題になるのが江ノ電の「鎌倉高校前駅」あたりであり、あそこが空いているということを経験する方が少ない印象です。

しかし太平洋を間近に見られることは大きなアドバンテージですし、それであるがために渋滞も起きるのだと思いますので、あとは個人の価値観によって利用するかどうかを決めるべきだと思います。

回避したい場合は、鎌倉や大船方面から内陸を通って藤沢方面に抜けましょう。ただ藤沢駅周辺は車が集まってしまうスポットのため、万年渋滞で有名です。

藤沢駅手前あたりで海に出たり、内陸では北に抜けるのが、渋滞回避法といえるかもしれません。

渋滞を避けつつ、海も楽しみたいというのであれば、三浦半島ドライブという手もあります。

昔は三浦半島の国道134号も休日などは激混みでしたが、今は高速道路の整備や抜け道の整備によって、昔ほどの混雑はなくなった印象です。

湘南ほど込むということは稀ですし、湘南とは違った海の素晴らしい景色を楽しめることでしょう。

どんなに渋滞してもハイブリッドカーなら燃費面で心配が無いのは大きいですね。私も今、アクアを買おうかどうか考慮中です。参考サイト:アクアの価格を極限まで下げる営業マンの秘密テク!

ドライブをする時、私は運転しないので、誰かの車にのせてもらうことになるのですが、その場合、BGMにそれぞれの個性が出て、ととも興味深いなと思います。

ジャニーズ好きな友人の車は、常に嵐とか平成ジャンプ、キスマイなどの曲が流れています。とてもポップで、明るい雰囲気です。ちょっと童心に戻ったような感覚にもなってしまいます。なんとなく10代の頃の恋愛を思い出してしまったりします。

クールな友人は、安室奈美恵でした。R&Bやヒップホップ系のポップミュージックです。かっこいい感じがその友人にぴったりと思ってしまいました。それを聴いていると、何となく、自分も外の景色を眺めながら、髪をかき上げ、指でリズムを取りたくなってしまいます。なんとなく、かっこいい自分を演出したくなってしまうのです。

昔付き合っていた人は、私がこの曲好きなんだよね、と言うと、その曲だけを何度も繰り返し流してくれました。最初は嬉しかったのですが、だんだん聴いているうちに「しつこい」と思ってしまいました。

好きな曲でも、隣に好きな人が乗っていても、飽きるものは飽きます。適度に、と言うのがいいものです。

私の父親の車に乗ると、決まって、AMラジオです。これはなんでだろうと思うのですが、決まって、人生相談などを聞いているのです。聞いているうちになんとなく暗い気持ちになるので、ドライブには向かないと思うのですが、昔からラジオ好きな父親なので、そこは譲れないようです。

私の主人は、ハードロックを好みます。

私の知らない外人の、シャウトとかもたくさん出てくるような激しい音楽です。好きなのはわかりますが、私は全く好まないので、そのガチャガチャとした音が耳障りに感じたりしてしまいます。

でも、一緒に住むようになるとなんとなくお互いに折り合いをつけながら、お互いがいいなと感じる曲を選んでくれるようになりました。

コブクロとか、スキマスイッチ、嵐、西野カナ・・・もしかしたら、ほぼ私の趣味に合わせてくれてるのかもしれません。

でも主人とドライブすることが圧倒的に多く、私は酔いやすいので、好きな曲を聴くことで酔い止めの効果もあるんです。

また、その時の景色に合わせた曲を聴くのも気分を盛り上げるかもしれません。

以前、沖縄に旅行し、レンタカーでドライブしたとき、BEGINを聴いてしまいました。雰囲気にぴったりでなんだか感動してしまいました。

その瞬間の景色は多分一生この曲と共に心に残るのだろうなと思ったのです。同時に、この瞬間はもう二度とやってこないのだなと思うと、とても貴重な気がしてなんだか泣きそうになってしまいました。

たまに、この瞬間はきっと何年経っても思い出すだろうなという時があります。その大切な瞬間を好きな音楽と合わせて思い出せたらもっと素敵だなと思うのです。

しまなみ海道がとてもいい

ドライブで行くといいと思われるのは、瀬戸大橋や、しまなみ海道です。
青い空と島々が、上からだから、ほんとによく見えて最高ですよ。
こういう景色が、そんなにお金もかけずに見られるんだなーと、惚れ惚れしますよ。
滅多にない景色ですからね。

しまなみ海道は、自転車でサイクリングコースが整備されていて、海外からもサイクリング好きがたくさん集まってきます。
特に台湾の人が多いです。

いろんなところを走ってみて、やっぱりここがいい!ということらしいです。
考えてみれば、アメリカや大陸には、こんなにゴチャゴチャと、庭園に敷き詰めた大きい石みたいにたくさん小島がある場所なんて、ないですもんね。
確かに言われれば、こういう壮大なパノラマで、楽しくみんなでサイクリングができるようなところはないかもしれません。
あそこは青い海と島々のコントラストが素敵で、潮の香りがするから、車には塩害は多少あるかもしれないけど、それでも、来たがる人は多いです。

途中で休めるところもたくさんあります。
しまなみ海道は、島に立ち寄ればいいだけです。
それぞれの島で、特産物にも違いがありますから、どこも同じではないです。
だから、いったん降りると、今度はそこにゆっくりいたくなるから、ドライブも計画をきちんと立ててその計画をこなす感じできっちりと回らないと、時間がなくなりますし、いいものが見れないです。
たくさん島がありますから…

車じゃなく、バスで見てても、温暖な土地だし、ぽかぽかして、海はユラユラして、いつまでも見ていたくなります。
のほほんと…
気分転換には最高ですよ。
また、いつか行きたいです。
私は近いから、本当だったらいつでも行けるんですが、それでもすぐ行ける、行けると思ってるとそのままスルーしてしまって、もう、いつの間にか、気がついたらだいぶん前になってます。