ドライブ談義」カテゴリーアーカイブ

我が家は家族旅行を毎年1回は行くようにしてます

我が家は家族旅行を毎年1回は行くようにしてます

そして、その旅行は移動手段としてマイカーを使うことが非常に多くなっています。

これにはいくつかの理由があります。

子供が幼稚園くらいの時はそうでもなかったのですが、小学区に入るコロンはとにかく習い事が忙しくなり、そうでなくとも私と家内の仕事の休みがなかなか合わなかったりすることで急きょ、家族旅行に行ける日程が決まることが多くなっていました。

もちろん、行き先を決めて、宿泊先が確保で来ることが大前提ですが。

また幸いなことに私も家内も長距離運転が苦痛になることもなく、交通費も間違いなくガソリンと高速道路代のほうが安いので愛車での旅行が常になっていました。

ですから、長距離移動でも子供たちが嫌がらないように大型のクロカンを購入しましたし、後部にはドリンクをはじめ、旅行に必要なものが積み込めるようにしていました。

さて、そんな我が家の旅行プランですが過去の印象的なものをご紹介したいと思います。

まず最初に関西から2泊3日で小豆島に渡った時のことです。

たまたま、2泊3日で旅行できる休みが家族で会ったため、急きょプランしました。

兵庫県からの移動なのでカーフェリーを使えば本当に簡単に移動可能です。

子供たちもカーフェリーという初めての体験で非常に喜んでいました。

そして、何より小豆島をマイカーでドライブすることが本当にお気楽な観光、そして好きなところに簡単にいけることもあって楽しかったですさすがに夜の移動に関してはあまりにも街灯が少なくて驚きましたが。

海沿いをドライブしていると本当に沖縄にでも来たような感覚になってしまいました。

そして、次にご紹介したいのが伊勢への旅行です。

毎年お伊勢さんにお参りに行くわけですが、早朝、それどころか真っ暗な間に兵庫県を出発して、マイカーで子供たちが寝ている間にお伊勢さんの内宮に到着、下宮もお参りの上、おかげ横丁で食事とお土産を楽しんで最終的には帰路の温泉でも浸かって帰ってくるというパターンです。

これは本当にお決まりながらもあのスピリチュアルな空間は毎年いけないと気が済まないというのが我が家の雰囲気になっていて子供たちもその素晴らしさを理解しています。

もちろん、おかげ横丁での食事、そして帰りに車の中で赤福餅やういろうをほうばりながらコミュニケーションをとる楽しさも最高の喜びではありますが。

そして、さすがに毎年はいけませんが東京への旅行にマイカーで行くことも大きな楽しみです。

もともと、東京に住んでいたこともあり、知り合いもいますので移動手段さえ確保できれば、宿泊先は何とかなります。

コスト面を考えても非常にありがたいことです。

特に東京に行くとなれば、ディズニーランドはもちろん、銀座やお台場での買い物も定番なのでどうしてもコスト面でかなり厳しいところがあります。

それだけにこうしたマイカーでの移動手段を活用できるのは間違いなうプラスになります。

もちろん、移動に際しては私と家内が交代で運転しますが、楽しみの一つとしてインターチェンジでの休憩時の食事やデザートというところも見逃せません。

とにかく渋滞がいやなのでうまく時間調整しながら移動するのが東京と大阪間の移動のポイントになっています。

以上いくつか我が家がマイカーで旅行を行うというシーンで印象的なもの、皆様にご紹介したい例をあげてきました。

いずれも非常に灌漑深いものであります。そして、こうしたライフスタイルにあわせた愛車を購入してきました。

次に買い替える際もこうした楽しみが出るようなマイカー選びをしっかりしたいと思います。

子供たちが大きくなってもこのスタイルであれば、いっしょに移動できるのではないかと考えている次第です。

男だけのワゴンツアー

guys-group私が20代の頃の話ですが、学生時代から仲が良かった友人たちとドライブグループのようなものを結成していました。

ドライブグループとは大袈裟ですが、ようするに着のみ着のままドライブをすることが好きな者の集まりで、もちろん会則など何の制約もありませんでした。

その会の中でも特に命名されていたものに「男だけのワゴンツアー」というものがありました。常連メンバーの一人が仕事上必要に迫られ、10人乗りのワゴン車を購入したことが発端です。

このワゴンツアーはまさしくドライブグループの趣向に相応しいものでした。メンバーの大半がごく平凡なサラリーマンでしたので、ツアーはほとんど週末に決行されます。必ずと言っていいほど1泊2日のドライブで、なかには金曜夜発日曜夜着という2泊3日の強行ツアーもありました。

計画性に乏しく突然決まるツアーですので宿泊施設は利用できません。利用できないというよりはむしろ「利用しなかった」という方が正しいでしょう。すべて行き当たりばったりのツアーでしたから醍醐味があったとも言えます。

限られた時間を有効に使うため、目的地だけは事前に決める場合がほとんどでした。いろいろな観光地巡りもしたかったのですが、予算的都合や往復の距離を考えるとどうしても勝手知っている場所になりがちでした。

中でもお気に入りは伊豆方面です。海などの自然に富んだ場所で、道路などの環境も整備されていたのでアクセスしやすく、気軽に行くことができました。

運転者の交替についてはまったく無計画でした。ひとり当たりの運転時間などは決めません。疲れたら他の者に変わります。参加者平均は5名ほどでしたので交替で困ることはありませんでした。

気ままなツアーですから、いわゆる「車中泊」です。眠くなった者は勝手に車内で寝まるのですが、時には運転者以外のほとんどが眠ってしまうこともありました。しかしそういう状況に置かれると運転手は緊張感で眠くならないものです。

今考えると無謀な部分も多かったと思いますが、和気あいあいのドライブでしたから、寝る間も惜しんで楽しみたいという若さゆえのものがあったに違いありません。毎回がパーティーのように賑やかなドライブでしたので、今でも思い出は尽きないのです。

いつも家族でドライブを楽しんでいます!

我が家は私と家内、長女と次女の4人暮らしです。結婚当初から18年間、ずっと愛車を所有していますが週末になると必ずちょっとしたお買い物もはじめ、ドライブに出かけることが多かったように思います。そのパターンのいくつかをご紹介したいと思います。

まずは競馬場です。なんといっても私が大好きなので朝から家内にお弁当を作ってもらって、車にはシート、ちょっとしたアウトドアの運動セットなどをつみこんで出かけます。駐車場についてはいつもおばちゃんが競馬場付近で勧誘してくれるのでそこに止めて、一日中楽しみます。そしてその競馬の収支によって夕食のメニューも決まるわけです。

次のパターンは夕食に出かけるだけのちょっとしたドライブです。わたしはまったくお酒を飲まないのですが家内は大のアルコール好きということで家内が行きは運転、帰りは飲まない私が運転というパターンになっています。競馬は子供たちもおおきくなってなかなか家族全員で行くこともなくなりましたがいまだにこの夕食のドライブパターンは健在です。

そして、一年に一回家族旅行にでかけるのですが愛車を使うパターンが多いです。カーフェリーを使うこともあります。もちろん、夏休みにドライブに出かけるときはクーラーボックスにドリンクを積み込んだり、お弁当やおやつを入れたりと大変な移動です。我が家の場合、わたしも家内も運転できるので移動時間が多少長くとも移動は問題ありません。

そして、最近ではあまりにもドライブによる移動距離が多く、ガソリン代もバカにならないので多少ダウンサイジング、そしてハイブリッドカーに買い換えました。家族4人でのドライブそのものは減っていますが個々の移動は増えている関係で走行距離は減っていないわけです。

男性の趣味の車は女性の趣味と同じ

ドライブは、単純に車好きにはたまらない息抜き!貴重な時間ですよ。
だからなのか知らないけど、私は男の子によくドライブには誘われていました。それは、変な意味じゃなく、お友達感覚で、男の子に誘うような感じでした。

私はそのいちいちに「じゃ!行こう!!」と、ワクワクで、レッツゴー!!でした。特にだから何かある訳じゃなく、ほんとにドライブだけで、道をあちこち、いろんな休憩しながら行きました。楽しかったですよ。

…私は自分も車の運転がうまいので、バイクも乗るんですが、車内での話がわりと面白くて、相手を飽きさせないので、ドライブは能弁になって、楽しい話をたくさんする私は自分で言うのもなんですが人気者だったと思います。

高速を走って、インターの途中の休憩場所で昼御飯を食べたり、気ままに都会では田舎に向けて道を走ったり、何気なくただ走るだけの時もあったし、花見の時期には桜並木をたくさん見たり、道路でも高い場所にある道路からは、いつも下を歩いている景色とは何から何まで違う景色が見えるんで、時期のいいときにはほんとにきれいで、また、行きたくなります。

周りの人に聞くと、連れて行ってもらうドライブは、全然誘われたこともない!などと言っていたから、そういう人がとても多いんですね。私の場合は、多分、今思えば車を見せたくて、乗っけられてたような気もします。

男性の巧妙心というものがあるのでしょう。男性の言うところの車は、女性がお化粧をしたり、アクセサリーや洋服にこだわるのと同じようなものですよ。

聞いたところによると、自分が乗りたがる車というのは、好みの異性を表しているんですって。だから、乗っている車を見たら、その人がどんな人が好きなのかだいたいわかるんですよ。