月別アーカイブ: 2月 2017

長距離ドライブで気づくコンビニ店員の方言

コンビニで休憩をとって長距離ドライブ。私は以前、約700kmの距離を、下道を使ってドライブしたことがあります。途中の都市のビジネスホテルで1泊をしてのドライブでした。

遠距離なので当初は公共交通機関を使うことも考えました。また、道路は一般道ではなく、高速道路を使おうとも思いました。

しかし、時間にゆとりがあったものの、金銭的にはあまり余裕がなかったので、この方法を選びました。

移動手段を単にいかに速く到達できるかという目標にするのではなく、移動することも含めて楽しもうという気持ちになったのです。

車を運転することは嫌いではなかったので、長距離のドライブも楽しみでした。

途中で県境がいくつかありました。長時間のドライブなので、2時間おきに休憩を取ることにしました。

休憩場所はほとんどがコンビニでした。移動していく度に、コンビニの店員さんの言葉のイントネーションが変わっていくのは予想外の発見でした。

場所や地域によって、言葉のイントネーションや方言が違っていくのが、とても興味深い体験でした。

時には道の駅で休憩を取ることもありました。その地域ならではのお土産を買うこともありました。

ビジネスホテルに到着する頃には、すっかり夜になっていました。駅の近くのホテルだったので、どこか店が開いているだろうと思っていました。

しかし、予想以上に早く店が閉まってしまい、空いているのはコンビニだけでした。駅の売店もちょうど閉店した直後で、駅弁も食べそこなってしまいました。

仕方がないので、近くのコンビニでどこにでもあるような食べ物を買い、ホテルの部屋で夕食を取りました。それでも旅気分には変わりません。

いつもと違う場所で過ごすことは、旅気分を味わうことができました。長距離のドライブだったので、途中でガソリンを給油しました。

途中山越えがいくつかあったので、ガス欠にならないように気をつけました。目的地に近付いてくると、かなり道路が混雑してきました。

知らない街で混雑している道路をドライブするのはかなりの勇気が要ります。

標識を見落とさないように気を付け、また何台かの車に追い越されながらも、ようやく目的地に到着することができました。

2日間、ずっと車を運転していたので、腰が痛くなり、かなり疲れましたがとても良いドライブ旅行をすることができ、とても満足でした。